CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
極上レシピ集 手作りコスメと入浴剤―植物の力で「美肌」を取り戻す
極上レシピ集 手作りコスメと入浴剤―植物の力で「美肌」を取り戻す (JUGEMレビュー »)
古後 匡子
ハーブと生薬、オイルの基礎的な知識と、一通りの基礎化粧品レシピが載っています。初めの一冊としておすすめ
計測モノ

RSS feed meter for http://aiwasaki.jugem.jp/
MOBILE
qrcode
<< 今朝、起床したときの室温、寒い順! | main | 現在PCにインストールされているWebブラウザーの数、多い順! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
石けんつくりました
数ヶ月間の念願叶い、石けんを作ってみました。休日のうちに切り分けまで到達したかったので、土曜の午後から制作開始。オリーブオイル、ココナツオイル、パームオイルを使った、基本の石けんにしました。

油を計量中に、レシピAを見ているつもりが、実はレシピBを見ていることが判明。レシピAもBもココナツオイルと、パームオイルの量が等量なれど、Aはオリーブオイルが他より多く、Bは少ない。というわけで、面倒になって、全部等量で作ることにする。

基本的な作り方としては、計量した油と、水に溶いた苛性ソーダを、ともに約40度にして混ぜるだけ。混ぜた跡が筋状に残るくらいの堅さになったら、型に入れて保温しつつ一晩おき、あとは型から出して、使う大きさに切り分け、4週間放置して水分を飛ばせばできあがり。

苛性ソーダは劇薬で、薬局でもハンコと身分証明書を差し出さないと買えない。さらに水に溶かすと、沸騰するように溶け、これが体についたら、穴が開く(やけど)。というわけで、ムスコを隔離して、めがねにマスク姿で溶かす。が、思っていたほどの突沸もなく安心。大学時代の卒論実験のほうが怖かったくらいだ。

さてこの劇薬液体を、油に入れて混ぜるわけだが、本によれば、ボールと泡立て器で混ぜた場合、型入れできるようになるまで、数時間〜24時間もかかるという。今回はムスコとともに混ぜるつもりだったので、ペットボトルにて振り混ぜる。ネット上でペットボトルを提唱している方によれば、ペットなら半分以下の時間で固まるとのこと。

型入れ可能になったのは1時間後。あわててオプションの液体と、オイルを入れて型入れする。結構固かったのと、ペットボトルの形状のため、型から出しにくく、型入れ時に温度が下がった気もするが、知らんぷりして毛布でくるんで24時間放置。写真は、放置後に切り分けて、乾燥段階にはいったところ。

切り分けを明日以降にすると、どうしても時間がなくなってしまうため、あわてて今日執り行ったわけだが、実はちょっと柔らかくて(冷蔵庫から出したバターのよう)、ところどころ型くずれしているけれども。1ヶ月後の初使用が楽しみ。


---
本日のレシピ(1バッチ目)

オリーブオイル:170g
ココナツオイル:170g(のつもりが、171g)
パームオイル :170g(のつもりが、176g)
---
苛性ソーダ:72g(油の誤計量も計算し直して、10%ディスカウント)
水:150ml
ローズマリーのアルコール抽出:20ml
---
オプション
ローズマリーのアルコール抽出:大さじ2(30ml)
ローズマリー精油:10滴
ラベンダー精油:10滴
---
| コスメ作り | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aiwasaki.jugem.jp/trackback/68
トラックバック